忍者ブログ
FXブログ
(2017/12/17)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(2009/02/26)
402cd6f5.gif急な円安ドル高の展開で、ショートカバーによる踏み上げ相場の様相だ。

前回の「ドル/円 日足 ペンタゴン」の予測より上げ足が速く、トレンド転換の暇もなかった今回のドル円相場だが、ABラインを突破すれば新たに上方向にペンタゴンがつけ足されることになり、明らかにトレンド転換を余儀なくされる。

ドル/円 週足チャート&Wボトム」でエリオットによる底値パターン(Wボトム)形成の可能性を記したが、94.60円のレジスタンス(抵抗)ラインを突破したことでそれが現実となった可能性が高い。

さて、今後の目先の展開だが、大勢的なトレンドが上向いたとしても、交点Cの垂直線上では目先のトレンド転換が現れやすいので、押し目を待ってロングポジションを持つタイミングを測るべきだろう。

PR
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
National Geographic

-外国為替-
プロフィール
HN:
Septem
性別:
男性
自己紹介:
エリオット波動と聞いて、何それ?と初めて聞く人や、聞いたことがあるけど難解で敷居が高そう!または知ってるけど当たらないよ!と言う人まで様々ですが、筆者は新聞のテクニカルコーナーなどの執筆等を通してエリオット波動分析の単純さや、その有効性を説いてきました。
エリオット波動理論の解説本は沢山ありますが、ここでは、筆者なりの解釈を基にした分析手法を用いて、FXに当てはめた分析を不定期で行っていきたいと思います。

参考文献:
先物市場のテクニカル分析ヴェールをとった黄金比
エリオット波動
投資日報
ほか
ディスクレーマー
本ブログは個人が作成しており、投資に関する断定的判断の提供及びその内容の正確性、完全性、適時性に関する責任の一切を負うものではありません。投資に際しての最終判断は投資家ご自身が行ってください。
最新コメント
頑張る投資家の応援サイト
投資に役立つ本ならココ
お奨めのCX会社
お奨めのCFD会社
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Powered by NINJAブログ. / Template Design by 短腿.
Copyright © テクニカルでFX(外国為替) : All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]