忍者ブログ
FXブログ
(2017/09/25)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(2009/03/05)
72198d80.gif米ドル/円 日足 ペンタゴンチャートの続報である。

前回の予測通り、交点Cの垂直線上に出現した押し目で、ロング(ドル買い円売り)ポジションを持つことができた読者は利が乗っているころだろう。

ABラインの上に新たにペンタゴンができた段階で、上昇トレンド継続と判断、翌日に押し目形成段階でロング出動というタイミングであった。

さて、今後の動きであるが、Wボトム形成時点をエリオット波動でカウントすると、現在は第3波動目に入った状況と推測できる。

この推測が正しければ、第3波のトップの予測位置は、第1波の波形の高さにフィボナッチ比率の1.618を掛けたものと第2波の底の和になるはずである。

さてどのような数値になったであろうか?

現状の値位置と比較し判断していただきたい。

PR
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
National Geographic

-外国為替-
プロフィール
HN:
Septem
性別:
男性
自己紹介:
エリオット波動と聞いて、何それ?と初めて聞く人や、聞いたことがあるけど難解で敷居が高そう!または知ってるけど当たらないよ!と言う人まで様々ですが、筆者は新聞のテクニカルコーナーなどの執筆等を通してエリオット波動分析の単純さや、その有効性を説いてきました。
エリオット波動理論の解説本は沢山ありますが、ここでは、筆者なりの解釈を基にした分析手法を用いて、FXに当てはめた分析を不定期で行っていきたいと思います。

参考文献:
先物市場のテクニカル分析ヴェールをとった黄金比
エリオット波動
投資日報
ほか
ディスクレーマー
本ブログは個人が作成しており、投資に関する断定的判断の提供及びその内容の正確性、完全性、適時性に関する責任の一切を負うものではありません。投資に際しての最終判断は投資家ご自身が行ってください。
最新コメント
頑張る投資家の応援サイト
投資に役立つ本ならココ
お奨めのCX会社
お奨めのCFD会社
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Powered by NINJAブログ. / Template Design by 短腿.
Copyright © テクニカルでFX(外国為替) : All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]