忍者ブログ
FXブログ
(2017/12/17)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(2009/02/19)
※下記チャートが間違って添付されていましたので修正しました。
aeb47615.gif

 先日のドル/円週足のペンタゴンでAC間を上回り高く(円安ドル高)なってきたので、週足から改めて日足のペンタゴンを当てはめてみる。

今回は、主要な高値に左角を合わせ、1辺の長さをフォボナッチ数列の21日でカウント、細部の転換点を見てみたい。

ペンタゴン同士の接点及び、昨日同様五角形の頂点付近がトレンドの転換を現している。

現状ABラインに沿って下値を切り上げてきているが、交点Bの95円辺りが当面の転換目標とみる。

交点B通過以降も、更にABラインの延長線上を進む場合はショートポジションは取り辛いので、トレンドの転換が明らかになった時点が肝要。
PR
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ポンド相場も、1月7日ごろまでは昨年末からの 押し目のポント買いによって141円台半ば付近にまで 上昇したものの、それから1月23日ごろにかけて下落となった。 1月8日のBOE政策金利発表では、 0.50%の利下げが決定し、その声明には 「インフレ率は一段と低下する..
FX経済新聞 2009/02/19(木)12:52:23
TB送信元URL:http://xn--efvq9p78m53c.seesaa.net/article/114491131.html
National Geographic

-外国為替-
プロフィール
HN:
Septem
性別:
男性
自己紹介:
エリオット波動と聞いて、何それ?と初めて聞く人や、聞いたことがあるけど難解で敷居が高そう!または知ってるけど当たらないよ!と言う人まで様々ですが、筆者は新聞のテクニカルコーナーなどの執筆等を通してエリオット波動分析の単純さや、その有効性を説いてきました。
エリオット波動理論の解説本は沢山ありますが、ここでは、筆者なりの解釈を基にした分析手法を用いて、FXに当てはめた分析を不定期で行っていきたいと思います。

参考文献:
先物市場のテクニカル分析ヴェールをとった黄金比
エリオット波動
投資日報
ほか
ディスクレーマー
本ブログは個人が作成しており、投資に関する断定的判断の提供及びその内容の正確性、完全性、適時性に関する責任の一切を負うものではありません。投資に際しての最終判断は投資家ご自身が行ってください。
最新コメント
頑張る投資家の応援サイト
投資に役立つ本ならココ
お奨めのCX会社
お奨めのCFD会社
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Powered by NINJAブログ. / Template Design by 短腿.
Copyright © テクニカルでFX(外国為替) : All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]